関西福岡県人会は1969年(昭和44年)に発足し、
福岡と関西を結ぶ架け橋として、会員相互の親睦を図っています。かたらんねー
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

3月2日大相撲・浅香山部屋朝稽古見学

2018年3月3日

先日の広報誌同封のちらしで告知致しました「大相撲・浅香山部屋朝稽古見学」を予定通り実施しました。
3/11から始まる大相撲大阪場所を控えた3/2(金)、奈良県生駒市にある浅香山部屋の朝稽古見学に中村均氏、松村泰夫・則子夫妻、有馬久紹氏、山口英治氏が遠路はるばる参加して下さいました。


親方は知る人ぞ知る故郷・福岡の英雄「元・大関魁皇」です(直方市出身、現役通算1047勝、優勝5度)。
県人会での朝稽古見学は初めてということもあり、普段なかなか目にすることのできない力士たちの稽古がスタートすると参加者らは食い入るように見学。浅香山親方が「もっと気迫を出せ」「苦しくても我慢。諦めるな」などと檄と飛ばすと力士らは歯を食いしばり、体をぶつけ合い真剣な表情で稽古に集中。熱気が漂う光景に終始圧倒されながらも県人会メンバーは親方に負けないくらいの熱視線を送って送っていました。



親方は大阪場所の打ち合わせで稽古途中で不在となり、一同そろっての挨拶はできませんでしたが、皆「彼らを見たい。3/21の県人会大阪場所観戦は早い時間から行く」「来年もまた来たい」「後援会に入って応援する」と喜んでいました。まだまだ十両にも満たない総勢12人の若手ばかりですが、今後の成長と活躍が楽しみです。

http://asakayamabeya.net/guidance.html

広報委員会・白石玄明
 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments