関西福岡県人会は1969年(昭和44年)に発足し、
福岡と関西を結ぶ架け橋として、会員相互の親睦を図っています。かたらんねー
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

トップ

最新のお知らせ


2018年11月6日 : 秋の親睦会 41名が参加
11月3日の秋の親睦会は、晴天に恵まれ、41名が参加。サントリー山崎蒸留所ではウイスキーができるまでの工程を見学し、ウイスキーの原酒と「山崎」を試飲。昼食後、アサヒビール大山崎山荘ではモネを鑑賞。最後の懇親会ではギタリストの水谷さんが飛び入りで演奏を聴かせてくれました。




2018年10月28日 : 折尾愛真高、松井君ドラフト指名
今年の夏、甲子園に出場にした、折尾愛真高校の松井君(写真・後列左)が巨人に5位でドラフト指名されました。
今後の活躍を期待したいですね。


2018年10月28日 : 第33回上方落語 福岡県人隊
10月22日、上方落語福岡県人隊に、関西福岡県人会から14人参加しました。
いつもの博多弁を織り交ぜた、笑いの世界へ誘ってくれました。



2018年8月13日 : ありがとう福岡代表
8月13日、第100回夏の全国高校野球選手権に出場中の沖学園(南福岡)の2回戦が行われました。

この日の対戦相手は史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭でした。

連日の酷暑にもかかわらず沖学園の3回戦進出を願い、
県人会のメンバー25人が満員の3塁側アルプス席で声を嗄らしました。

2回戦
沖学園(南福岡)
010 011 010 4
000 214 12x 10
大阪桐蔭(南大阪)

試合は沖学園が2回に大阪桐蔭のバッテリーエラーを突き先制。
4回に大阪桐蔭に逆転されるも沖学園は5回2死2塁から適時打で同点。
勢いづく沖学園の姿に、それまで余裕の表情だった大阪桐蔭ナインに焦りの色が見え始めました。
両者譲らず3-3の同点で迎えた6回、沖学園は大阪桐蔭に逆転を許してしまうと7回にも失点。
5点ビハインドで迎えた8回、沖学園は執念の本塁打を放ちスタンドを沸かせてくれました。

試合には敗れましたが、優勝候補の大阪桐蔭を苦しめ、
甲子園で勝つことの難しさを学んだ沖学園にスタンドの学校関係者やOB、県人会メンバーからは「来年も頼むぞー」
「ええ試合見せてくれた」と大きな拍手が送られました。

福岡県勢の今夏の甲子園は終わりました。
例年以上に暑い夏でしたが体調不良者もなく、例年以上の大きな声援を送って下さった皆様に感謝申し上げます。
皆で一丸となり、楽しく過ごせた2018年夏も各会員の良き思い出となったことでしょう。ご協力ありがとうございました。








2018年8月12日 : 初出場・折尾愛真 意地みせた
8月10日、第100回夏の高校野球全国選手権に初出場した
折尾愛真(北福岡)の初戦が行われました。

2011年の夏を制した日大三との一戦を観ようと県人会の会員27人が3塁側アルプス席に集結しました。

試合は1回表、折尾愛真が先制。
その裏、日大三に7点を奪われると一気に苦しい展開に。
点差はどんどん開いていきましたが、
県人会のメンバーが送る声援に応えてくれ、終盤8回に折尾愛真が意地の2ラン!!
しかし反撃はそこまで…。
折尾愛真の初戦突破とはなりませんでした。

1回戦
折尾愛真(北福岡)
100 000 020 3
713 020 30x 16
日大三(西東京)

試合には敗れましたが、
最後まで笑顔を貫き、諦めない姿を見せてくれた折尾愛真にスタンドから大きな拍手。県人会のメンバーからは「よく頑張った」「創部15年で夏の甲子園は立派」と全力プレーを称えるたたえる声がありました。
また、この日は球場で新会員4名の獲得にも成功しました!

次戦の応援は大会9日目(8月13日予定)の第1試合、南福岡代表・沖学園と春夏連覇を目指す優勝候補、大阪桐蔭の一戦です。

当日午前8時30分から3塁側アルプス席出入口付近で
酒匂氏(090・4569・4832)
永末氏(090・5463・7859) 
両氏がチケットを配布いたします。

お盆の試合、大阪桐蔭との一戦につき球場は早朝から札止めが予想されます。
観戦ご希望の方は、お早めにご連絡をお願い致します。







関西福岡県人会 入会のご案内


メ-ルマガジン会員登録